アルガンオイルに含まれる成分と効能

subpage01

アルガンオイルは砂漠のあるモロッコの南西部にみられるアルガンツリーの実の種から搾りだして得られる植物オイルで、皮膚のとの相性が良く、皮膚に良い成分が多く含まれることから美容液やせっけんなどに使われています。

アルガンオイルはアルガンツリーの実30キログラム程度から約1L程度しか採取できない非常に稀少性の高いオイルです。

幅広い分野の視点からアルガンオイルに関する詳細はこちらです。

その中にはオレイン酸やリノール酸、ステロールやビタミンEなどが豊富に含まれています。


皮膚に塗った時には刺激性が少なく、また浸透性も高いため非常によく肌になじんでいきます。

肌によくなじんでくれることで、皮膚の本来持っているバリア機能や再生機能をさらに高めてくれます。
植物オイルなので当然、口に入っても問題ありません。


アルガンオイルの成分の中でも中心的なビタミンEの作用は血行の促進と抗酸化作用です。

この作用がある為、お肌の老化を抑え若返り作用を発揮します。

オレイン酸はシミやシワの原因となる紫外線から皮膚を守ってくれます。

さらに、オレイン酸自体にも抗酸化作用もある為、ビタミンEと同じように皮膚の老化防止と若返りに効果が期待できます。
また、肌になじみやすいため、お肌に水分の蒸発を防いでくれる被膜を形成しお肌をしっとりとさせてうるおいを長く維持してくれます。

これだけは知っておきたい@niftyニュースは支持されています。

アルガンツリーのあるモロッコの砂漠地域は雨が少ない地域ですが、そんな地域でも枯れずに水分を保持してくれる自然の力の賜物なのでしょう。



アルガンオイルは化粧水前のブースターとして使うことで化粧水の肌への浸透をさらに助けてくれます。